Release

- Da Mind Of Traxman JP

全クラブミュージック・ファンに捧ぐ歴史的名盤!シカゴが生んだハウス・ミュージックの最進化形 !!シーンの重鎮、目下拡散中のジューク / フットワークのゴッドファーザーTraxmanの“超”待望となるデビュー・アルバムが〈Planet Mu〉よりリリース!!!!

シカゴに脈々と受け継がれるハウス・ミュージックのソウル、ベース・ミュージックのスピード感、ビート・ミュージックの脱臼感、テクノのミニマル感、ヒップホップのネタ感まで、20年以上のキャリアを誇るベテランの“技”と“幅”が織りなす今最も熱い最新 & 最狂のブラック・マシーン・ミュージック = ジュークのマスターピース!!

80年代より活動するシカゴ・ゲットー界の重鎮、ジューク / フットワークのゴッドファーザーTraxmanが96年の〈Dance Mania〉よりリリースされた12インチ以来となる待望のデビュー・アルバムをUKの老舗レーベル〈Planet Mu〉よりリリース。シカゴのゲットーという排他的なカルチャーで独特の進化を遂げ、〈Planet Mu〉からのリリースにより世界的に広まることとなったジューク / フットワーク。昨年のMachinedrumやAfrica HitechなどUKを中心としたベース・ミュージックとの融合を皮切りに、〈Honest Jons〉が広める南アフリカ発のシャンガーン・エレクトロとの異種交配、現行USインディのトレンド・セッターでもある[Mexican Summer]傘下のレーベル[Software]からジューク作品がリリースされ、Burialを生んだダブステップの最重要レーベル[Hyper Dub]を主宰、シーンのゴッドファーザーKode 9 はTraxmanを年間チャート1位に挙げ、更にはJame Blakeまでジュークを取り入れた作品 (We Might Feel Unsound)を発表するなど、あらゆるシーンのフックとサポートを受けながら、現地からもDj DiamondやYoug Smokeなど次々と新種のサウンドが生まれ、国内のDjやクリエイターの間でも拡散している。

そのシーンの立役者Traxmanの16年ぶりのリリースとなる本作は、ハウス・ミュージックのソウル、ベース・ミュージックの倍速的なスピード感、Flying Lotus以降のビート・ミュージックのような拍がずれるビート感、ヒップホップのサンプリング的なネタ感、テクノのミニマリズムなどあらゆるダンス・ミュージックの音楽的な要素と魅力を合わせ持ち、ハウス・ミュージック発祥の地であるシカゴの歴史を伝承するベテランならではの卓越した“技”と“幅”の広い引き出しから繰り出されるジューク / フットワークは、昨年大反響を呼んだコンピレーション、ベストを謳う『Bangs & Works 2』*を越えるシーンの集大成と言えるでしょう。全クラブミュージック・ファンに捧ぐハイプなしの歴史的名盤の誕生です!初回限定特典としてTraxmanとPlanet Muを主宰するMike Paradinasによるアルバム・ミックスを収録したCDが付いて来ます!!

 【国内盤特典】

+ ボーナストラック2曲

+ ライナーノーツ: D.J.April (Booty Tune)

+ インタビュー : D.J.April (Booty Tune) *DL Code

【初回限定特典】

+ Da Mind Of Traxman Mix  by Traxman & Mike Paradinas aka µ-Ziq

label_tokuten

Traxman:

01. Footworkin On Air by Traxman
02. Going Wild (ft. Rashad & AG) by Traxman
03. Itz Crack by Traxman
04. Callin All Freaks by Traxman
05. Slip Fall by Traxman
06. I Need Some Money by Traxman
07. Let There Be Rockkkkk by Traxman
08. Chilllll by Traxman
09. Work Me 2011 by Traxman
10. 1988 by Traxman
11. I Must Deadly Killer by Traxman
12. Sound Filed by Traxman
13. Lady Dro by Traxman
14. Setbacks by Traxman
15. Da Comeback by Traxman
16. Conq Dat Bitch by Traxman
17. Lifeeeee Is For Ever by Traxman

Mike Paradinas aka µ-Ziq:

01. Lifeeeee Is For Ever by Traxman
02. Da Comeback 2011 by Traxman
03. Sound Filed by Traxman
04. Chilllll by Traxman
05. Footworkin On Air by Traxman
06. Ikez Hornz by Traxman
07. Work Me 2011 by Traxman
08. Da Best Iz Yet To Come by Traxman
09. 1988 by Traxman
10. Slip Fall by Traxman
11. I Must Deadly Killer by Traxman
12. Setbacks by Traxman
13. Rockz Rockz by Traxman & Slick Rick
14. Itz Crack by Traxman
15. Talaban by Traxman
16. Conq Dat Bitch by Traxman
17. I Need Some Money by Traxman
18. Callin All Freaks by Traxman
19. Let There Be Rockkkkk by Traxman
20. Nation Ho 2011 by Traxman
21. Da Falllll by Traxman
22. Rock You by Traxman
23. Funky Block by Traxman
24. The Robot by Traxman
25. We Are Da Best by Traxman
26. Lady Dro by Traxman
27. Funk Da Best by Traxman
28. Going Wild (ft. Rashad & AG)2011 by Traxman
29. Pyle by Traxman
30. She Died There (Traxman Remix) by Machinedrum

 

Listen

Artist Info.

Traxman

80年代シカゴ・ハウス、90年代ゲットー・ハウス、そして00年代ジューク、シカゴ・ゲットーの歴史と共に30年以上のキャリアを誇るベテラン Cornelius Ferguson (コーネリアス・ファーグソン)こと Traxman (トラックスマン) aka Corky Strong (コーキー・ストロング)。 96年にEP「Westside Boogie Vol. 1」(Dance Mania )でデビュー、数々のジューク・クラシックスを生み出したRP Booと並ぶシーンのゴットファーザーであり、〈Planet Mu〉からデビュー・アルバム『Da Mind Of Traxman 』(2012)の大ブレイクによって世界にジューク / フットワークを知らしめた時のアーティストとなって同年初来日も果たす。国内トップのジューク・レーベル〈Booty Tune〉からミックス、 ハウス名義のCorky Strongでは〈Halsted Street〉より、 NYの 〈Lit CityTrax〉からもセカンドにあたるアルバムをリリース。 現地ではシカゴの老舗クルー[GETO DJz]のヘッドであり、〈Hyperdub〉のDJ RashadやDJ Spinも所属するシカゴの先鋭クルー[Teklife]のメンバーでもある。最近では90年代リヴァイヴァルの波を受け ゲットー・ハウス再評価によってコア・レーベル〈Dance Mania〉より「Westside Boogie Vol. 3」、〈Planet Mu〉より第2弾となる最新アルバム『Da Mind Of Traxman Vol.2』をリリース、サンプリングやアシッドを主体とし、ファンクやソウルに根ざしたオーソドックスかつエキセントリックなスタイルでヒップホップ・ファンからもプロップスを高めるシカゴ・マスター。

English Info.

Cornelius Ferguson a.k.a. Traxman is from the west side of Chicago and one of the longest serving producers working in footwork with releases stretching back to the glory days of ghetto house on Dance Mania records in the nineties. He’s also one of the co-founders of Chicago's two-decades-old Geto DJz clique and a member of DJ Rashad & DJ Spinn's Ghetto Teknitianz and was one of the creators of the legendary mixtapes on coloured cassettes which were the prototype for footwork's evolution. His unique brand of footwork is very strongly rooted in Chicago's history of soul, funk, house and ghetto trax; he’s a veteran and renowned crate digger who has provided the sample sources for many of footwork's classic tracks over the years. His deep knowledge of music (check the mixes he occasionally throws up on the net) makes him one of the city’s most versatile and skilled DJs and producers. Traxman's own productions are an incredibly well rounded suture between hip hop’s natural funk and resourceful sample flipping, the hyper-kinetic innovation of footwork’s stop-start, half-time to double-speed drum programming and a deep respect and understanding of Chicago’s house music past, that few producers can match; 'Da Mind Of Traxman' is a testament to this man's skills. 'Footworking On Air’ starts the album in a relaxed and almost improvised mood with Kalimba melody, 303 acid line and martial drums. Then ‘Itz Crack’ puts strangely edited samples against echoey vocals and off kilter kicks to give the track a really unusual slip and slide feeling. Later, ‘Let There Be Rockkkkk’ takes an unusual sample source to build a track with a totally raucous rock vibe, whilst ‘Rock You’ simultaneously references house music’s roots and a beautiful soul sample. ‘1988’ is a tough 303 acid track with footwork drum patterns; 'Sound Filed' again tampers with house music's early rhythm tracks, bringing them up to date and speed with footwork's syncopations; while 'Work Me 2011' manages to fuse the soulfulness of deep house with the breathtaking energy of ghetto house and rave. Meanwhile, 'Lady Dro' makes good with some Mizell Brothers samples and loose congas, wrapping and looping them into a hypnotic vortex, while ‘Setbacks’ works a vocal and piano sample into tinkling abstraction. Traxman's skills are unmessable, you can tell from the minute the album starts that music is like breathing for him, and that the album also makes an incredible and skillful case for 'footwork' as Chicago's very own sideways evolution through hip hop via house with a rich history of soul.
CAT No.
MBIP-5508
Label
Release Date
2012/04/05
Format
国内盤CD
Price
¥1,886 + 税
Genre
House / Juke / Footwork
Tracklist
01. Footworkin On Air
02. Itz Crack
03. Callin All Freaks
04. Slip Fall
05. I Need Some Money
06. Let There Be Rockkkkk
07. Da Falllll *
08. Rock You
09. Chilllll
10. Going Wild (ft. Rashad & AG)
11. Work Me 2011
12. 1988
13. The Robot *
14. I Must Deadly Killer
15. Sound Filed
16. Lady Dro
17. Setbacks
18. The Comeback 2011
19. Conq Dat Bitch
20. Lifeeeee Is For Ever

*Bonus Track

Update: 21 Apr 2014

More Releases by

RP Boo - Legacy JP

23 Apr 2014

RP Boo
Legacy JP

Boxcutter - Dissolve JP

9 Apr 2014

Boxcutter
Dissolve JP

µ-Ziq - Chewed Corners JP

23 Apr 2014

µ-Ziq
Chewed Corners JP

ITAL - Dream On JP

22 Apr 2014

ITAL
Dream On JP

Tropics - Parodia Flare JP

13 Apr 2014

Tropics
Parodia Flare JP