Release

- Da Mind Of Traxman Vol.2 JP

シーンを超えダンス・ミュージック史に風穴を空けたジューク / フットワークの代名詞 TRAXMAN 最新作!

ミュージック・マガジン2012年ダンス部門の年間ベスト・アルバムとなり異例の大ヒットを記録したデビュー作から早2年、 世界標準へと発展し、新たなるフェイズへと突入したジュークの親玉、90年代リヴァイヴァル、ゲットーハウス再評価で黄金期を迎えたシカゴの生き字引が満を持してのブレイク・アルバム第2弾『Da Mind Of Traxman Vol.2』を発表!!熱いソウルがマシーンと化したストリート・ダンス・ミュージック最前線!!!

2010年Mike Paradinas率いるUKの老舗エレクトロニック・レーベル〈Planet Mu〉が火付け役となり世界へと飛び火、 『Bang & Works Vol.2』(2011)のヒットや『Da Mind Of Traxman』(2012)のブレイクや来日によってここ日本では〈Booty Tune〉を中心にゲットーをキーワードに全く新しいシーンが形成され、フットワークのオリジネーターRP Booも続いて〈Planet Mu〉よりデビュー &来日、〈Hyperdub〉からデビュー、こちらも来日を果たしたDJ Rashadは世界最有力媒体PitchforkでBest New Albumに選出され、ジャンルとして確率され世界標準となった最先端のストリート ・ダンス・カルチャー、ジューク / フットワーク。最近では90年代リヴァイヴァルよって沸き上がる〈Dance Mania〉を核としたゲットーハウスの再評価により益々勢い余るシカゴ・ミュージックにシーンのゴット・ファーザーTraxmanの最新作が登場。ソウルに根ざしたオーソドックスなサウンプリング主体のスタイルは今作ではより小さく切り取られ、スピードに緩急を付けながらマイクロやミニマルとも言える手法でヒップホップやハウスといったサンプリング・ミュージックの新たなる可能性、アシッドを発動させたテクノとしてのマシーン・ミュージックの美学を遺憾なく披露。 国内盤のボーナストラックには超鉄板ネタ”Let Me Go”を追加収録、 ライナーには国内ヒップホップ・シーンを代表するECDとハウスからはMoodman、 ジューク・キャンペーン第2弾で国内外から大反響を得た〈Booty Tune〉によるジューク / フットワーク相関図の完全版ポスター、 初回限定特典としてTraxmanによるゲットー・ハウス縛りの独占ミックス +〈Booty Tune〉の解説など、シカゴ丸かじりの最強の一枚へと仕上がりました!

【初回限定特典】*DLコード

+  Da Mind Of Traxman Vol.2 JP Exclusive Mix “Ghetto House Set” by Traxman

【国内盤特典】

+ ボーナストラック2曲

+ ライナーノーツ: ECD & Moodman

+ ポスター:ジューク / フットワーク 相関図完全版 by Booty Tune

【Disk Union オリジナル特典】

+ Traxman – Dance Mania Lost Files 1995-96

MBIP-5537_Traxman - Dance Mania Lost Files 1995-96

Listen

Artist Info.

Traxman

80年代シカゴ・ハウス、90年代ゲットー・ハウス、そして00年代ジューク、シカゴ・ゲットーの歴史と共に30年以上のキャリアを誇るベテラン Cornelius Ferguson (コーネリアス・ファーグソン)こと Traxman (トラックスマン) aka Corky Strong (コーキー・ストロング)。 96年にEP「Westside Boogie Vol. 1」(Dance Mania )でデビュー、数々のジューク・クラシックスを生み出したRP Booと並ぶシーンのゴットファーザーであり、〈Planet Mu〉からデビュー・アルバム『Da Mind Of Traxman 』(2012)の大ブレイクによって世界にジューク / フットワークを知らしめた時のアーティストとなって同年初来日も果たす。国内トップのジューク・レーベル〈Booty Tune〉からミックス、 ハウス名義のCorky Strongでは〈Halsted Street〉より、 NYの 〈Lit CityTrax〉からもセカンドにあたるアルバムをリリース。 現地ではシカゴの老舗クルー[GETO DJz]のヘッドであり、〈Hyperdub〉のDJ RashadやDJ Spinも所属するシカゴの先鋭クルー[Teklife]のメンバーでもある。最近では90年代リヴァイヴァルの波を受け ゲットー・ハウス再評価によってコア・レーベル〈Dance Mania〉より「Westside Boogie Vol. 3」、〈Planet Mu〉より第2弾となる最新アルバム『Da Mind Of Traxman Vol.2』をリリース、サンプリングやアシッドを主体とし、ファンクやソウルに根ざしたオーソドックスかつエキセントリックなスタイルでヒップホップ・ファンからもプロップスを高めるシカゴ・マスター。

English Info.

The last few years have seen Chicago Footwork rise to international success, and Traxman’s debut album - ‘The Mind of Traxman’ on Planet Mu - played no small part in that. It showcased Cornelius Ferguson’s brilliant ability to synthesise the beat digging of classic hip hop with the high-speed abstraction of Footwork’s house-derived beat science. The selection of tracks on this second chapter show a slightly different take on Traxman's abilities. Instead of bringing in concepts from other genres, he simply creates a wider variety of Footwork, made with a minimal, reduced palette. Often just one or two samples are selected and diced into brain-blurring cubist puzzles that bear little relation to their original sources, or anything else for that matter. A number of the tracks here show off the high-speed micro-edited possibilities of Footwork, that end up bringing the sound closer to a faster, hands-on, mpc-punched version of micro-house, bringing out a jagged, fitful character that keeps you on your toes. Tracks like ‘Time Slip’ echo SND, but cut with hip hop breaks and flying snares, while ‘Blow Your Whistle (Tha Out Of Here Remixx)’ chops up a short vocal and whistle noise to ridiculously energetic effect. Other tracks pull on a techno edge, ‘Computer Getto’s galloping game of hide and seek with Kraftwerk, ‘Bubbles‘ electronic arcade game blips, or ‘Under Cover Jack‘s 303 groove, remind one of the house origins of this music, while ‘Can Nutin Hold Me Back’ has a leg in soul’s history, with its detached accapella chopped into twitchy choruses. Later on ‘15146’ cuts up barked numbers over sprightly woodwind while ‘Gone and Hit that Shit’ reduces words to rhythmic shapes, darting around meaning. ‘The Edge of Panic’ is an unexpected and incredibly aggressive detour into Footwork x Speed Metal that could be a micro-genre of its own. We catch our breath with ‘I Wanna Be High’ before the album ends with the gentle bass and chopped jazz drums of ‘U Got Me Running (Remixx)’. The mind of Traxman dazzles again. Traxman, a.k.a. Corky Strong, real name Cornelius Ferguson, is a Chicago Footwork veteran whose discography also includes many classic Ghetto House and Juke releases going as far back as the mid '90s with music on labels like the legendary Dance Mania. He's worked as a DJ for over three decades and was a member of the Geto DJz and Ghetto Teknitianz crews alongside two other Footwork scene leaders, DJ Rashad and DJ Spinn. He describes his style as "funky, soulful and a bit eccentric."
CAT No.
MBIP-5537
Label
Release Date
2014/05/22
Format
国内盤CD
Price
¥2,100 + 税
Genre
House / Juke / Footwork
Tracklist
01. Time Slip
02. Blow Your Whistle (Tha Out Of Here Remixx)
03. Nothing Stays Tha Same
04. Mic
05. Computer Getto
06. Make Love To Me
07. Bubbles
08. Let It Roll Geto
09. Ever And Always
10. Under Cover Jack
11. Can Nutin Hold Me Back
12. 15416
13. Gone And Hit That Shit
14. I Need Too Do It (ft. DJ Fred)
15. Your Just Movin
16. Tha Edge Of Panic
17. I Wanna Be High
18. U Got Me Running (2012 Remixx)
19. Dat Bitchhhhh * 
20. Let Me Go *

*Bonus Track

Update: 28 Apr 2014

More Releases by

Boxcutter - Dissolve JP

9 Apr 2014

Boxcutter
Dissolve JP

ITAL - Dream On JP

22 Apr 2014

ITAL
Dream On JP

Luke Vibert - Bizarster JP

25 Sep 2015

Luke Vibert
Bizarster JP

RP Boo - Legacy JP

23 Apr 2014

RP Boo
Legacy JP

Tropics - Parodia Flare JP

13 Apr 2014

Tropics
Parodia Flare JP