Release

- Fingers, Bank Pads & Shoe Prints JP

“宇宙、古代、時空を超えるシカゴの偉人RP Boo再降臨!
あらゆるブラック・マシーン・ミュージックを濃縮した超絶のファンクネス!!”

ダンスからアヴァンギャルド、シーンを超え数多くの先鋭に計り知れない衝撃を与えたジューク / フットワークの始祖である御代のクラシックスと新録を敷き詰めた世界遺産のエッセンシャル・アルバム第2弾。ダンスの極限から生まれたエキセントリックな異次元のバトル・トラックからソウルフルなゲットー・ハウスを収録、ぶっちぎりのフィジカルさでその才能を見せつけた、全ダンス・ミュージック・ファン必感の最新バイブルがここに完結!

RP Boo主宰のクルー〔D’Dynamic〕に所属の女性プロデューサーJlinのデビュー・アルバム『Dark Energy』がPitchforkでBest New Musicに選出されブレイクを果たし、華々しく第二世代へと突入したジューク / フットワーク。そのシーンの創始者であり人格者としても最も敬愛されるRP Booの2年ぶりとなるセカンド・アルバムが登場。 今作ではダンス・バトルから生まれた変則的なビートのフットワーク以前のジューク / ゲットー・ハウスもフィーチャーされ、サンプリングと自身のボイスを軸に長年愛用するリズム・マシーン、ローランドR-70とMPCをメインにビートを打ち込みながらトラックを構築。手打ちならではのアナログのグルーヴとコラージュのようにヨレながら変化するサンプリングが絶妙に絡み合い、幾つものリズムのレイヤーとなって独特のファンクネスとポリリズムを生み出している。プロトタイプから最新のフットワークまで、底知れぬRP Booの新旧の魅力を詰め込んだ大傑作集。

【国内盤特典】

■ 解説 / ライナーノーツ : 原 雅明
■ インタビュー by Booty Tune
■ ボーナストラック2曲

【初回限定特典】*DLコード

■ 日本限定ボーナストラック

【イベント情報】

RP Boo『Fingers, Bank Pads & Shoe Prints』発売記念の企画もあり!
ジューク / フットワークのカルチャーを伝えるBTTのバトル・トーナメント開催決定!!

btt_logo

Battle Train Tokyo -Footwork Championship Battle Tournament-

2015.6.21 SUN 17:00-22:00
KATA + Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM2F]
Battle Entry Fee 2,000yen / Door 1,500yen

シカゴ発のジューク/フットワーク・カルチャーのいまを楽しく身近に体験出来る異色パーティー、Battle Train Tokyo(BTT)。来たる6月21日(日曜日)は主軸となるフットワーク・バトルをメインに開催決定!!

シカゴ・ハウスを源泉に音楽とダンスが密接に関係するミックス・カルチャーとして発展/拡散を続けるジューク/フットワーク・シーン。BTTはこの国のそのシーンを牽引するトップDJ、トップ・フットワーカー/ダンサーたちが集い、シーンのいまを楽しく身近に体験出来る異色のパーティーです。フットワーキングに欠くことの出来ないド定番から最新のジューク/フットワーク・トラックまでをこの国のトップDJたちがスピン。もちろんこの国のトップ・フットワーカー/ダンサーたちによるレッスン・タイムもあるので、フットワークのスキル・アップはもちろんのこと月に一度のエクササイズとしてもご案内しております。昨年は本場からTraxmanやKing Charlesといったワールド・フェイマスなDJやフットワーカー/ダンサーもBTTに登場。来たる6月21日(日曜日)にはこのミックス・カルチャーの重要な要素でもあるフットワーク・バトルにフォーカスしたトーナメントをメインに開催!エナジー溢れるバトルの現場に是非ご参加/お立ち会いください。

Battle Area at KATA

Warm Up & Battle DJ:

BTT Crew[D.J.April (Booty Tune), Fruity (SHINKARON), TEDDMAN (Booty Tune)]
MC / Host:ヒューヒューBOY (GROSS DRESSER / MAGNETIC LUV) & Kent Alexander (Pan Pacific Playa / Бh○§† / Paisley Parks / NDG)

Lounge Area at Time Out Cafe & Diner :

Guest DJ :

EXS(NTB)
sauce81(N’gaho Ta’quia/77 Karat Gold)
shakke-n-wardaa
Sir Y.O.K.O.PoLoGod.(Threepee Boys/THE HOT100DJs)

more info : http://www.kata-gallery.net/events/btt2015-5/

Listen

Artist Info.

RP Boo

本名ケヴィン・スペース。シカゴの西部で生まれ、80年代に南部へと移住し、 多くのジューク / フットワークのパイオニアと同じようにシカゴ・ハウス / ジュークの伝説的なダンス一派House -O-Maticsの洗礼を受け、〈Dance Mania〉から数多くのクラシックスを生み出したゲットー・ハウスのパイオニアDj DeeonDj MiltonからDjを、Dj Slugoからはプロデュースを学び、それまであったRolandのドラム・サウンドの全てにアクセス、またパンチインを可能にした、現在も使い続けるRoland R-70をメインの機材にしながらトラックを作り始め、1997年に作られた‘Baby Come On’はフットワークと呼ばれるスタイルを固めた最初のトラックであり、その後1999年に作られたゴジラのテーマをチョップしたゴジラ・トラックとして知られる‘11-47-99’はシーンのアンセムとなり、数多くのフットワークのトラックに共通する無秩序にシンコペートするリズム・パターンはRP Booのトラックに起因すると言われる。地元ではシーンの才女Jlinも所属するクルー〔D’Dynamic〕を主宰し、〈Planet Mu〉よりリリースのフットワーク・コンピレーション『Bangs & Works Vol.1(2010)、『Bangs & Works Vol.2(2011)に収録され、2013年にデビュー・アルバム『Legacy』、2015年にセカンド・フル『Fingers, Bank Pads & Shoe Prints』を同レーベルより発表。フットワークの肝である3連を基調とした簡素なドラム・マシーンのレイヤーとシンコペーションによる複雑かつ大胆なリズムワークに、コラージュにも近いアプローチでラップような自身のボイスとサンプリングを催眠的にすり込ませ、テクノにも似たドライでミニマルな唯一無二の驚異的なグルーヴを披露。古代から発掘されたフューチャー・クラシックスとも称され、先鋭的な電子音楽やアヴァンギャルドとしてもシーンを超えて崇められるフットワークの神的存在。

English Info.

“Footwork”—the very word indicates a movement of the feet that is “work” (as in an effort to achieve). Its joyous social party nature sits within a lineage of African American history that includes the infamous Soul Train dance tunnel and Hip Hop dance circles. However, as Footwork continues to become more popular, we should not forget that at its essence it is a highly evolved battle form. This is the central theme one feels listening to the stunning “Fingers, Bank Pads & Shoe Prints,” the second album from RP Boo, the man credited with inventing the Footwork genre with a 1997 track “Baby Come On” (recently re-released on the Planet Mu EP “Classics Vol. 1”). RP Boo is to Footwork what Juan Atkins is to Techno – a source point for a busting out of innovative ideas and new directions. When asked about his role as progenitor of the genre he humbly notes, “It has taken me a while to adjust to. I actually had to think about how it could have come to be by listening to other producers and DJs that were around as it was forming. All of them said, at different times, hey RP you know you created a mean following of people that are inspired by the way you make tracks and get the dancers into a whole new battle stage with energy. It helps me see that I represent a breathing source of sounds.” Dancing is central to RP Boo. If you’ve been lucky enough to catch one of his DJ sets, such as his groundbreaking 2013 European debut at Unsound Festival in Krakow, you’ll have seen him come out from behind the decks and start dancing in and with the crowd, spreading Footwork both sonically and as an evolving set of movements. People who meet RP Boo may note a stark contrast between the intense battle aesthetics of “Fingers, Bank Pads & Shoe Prints” and the joyousness of RP Boo as an individual. He says, “I know how to speak battle from being in the circles. Footworkers need fuel and they often say, only you can get us to battle like that. Once outside the turntables, I use the same energy to speak with people. It’s a job and I am strong on giving encouragement to others, I want to uplift people. I have to try and walk that life for as long as I am alive.” Sonically, RP Boo is a modern-day Zatoichi samurai, cutting his samples in unorthodox ways. His sound remains unique. “Fingers, Bank Pads & Shoe Prints” contains both tracks made after his acclaimed 2013 debut album “Legacy” (“An album of scorching, scene-defining hits” SPIN) and older tracks. Highlights include “Banging On King Dr.” which sees him cutting up street numbers; the monolithic noir feeling of “Sleepy”; the subtle funk of “Your Choice” which may in some way be inspired by his Dad’s role as bass player for Prince; “Lets Dance Again” whose delicate soulful sound echoes deep streams of Chicago dance music history; the dramatic string-infused “Daddy's Home” and the celebration of achieving dreams that is the closer “B'Ware.” “Fingers, Bank Pads & Shoe Prints” is the sound of an innovator reconfirming his place as leader with one of the most essential Footwork albums to date.
CAT No.
MBIP-5558
Label
Release Date
2015/06/21
Format
国内盤CD / Digital 【日本先行発売】
Price
¥2,000 + 税
Genre
House / Juke / Footwork
Tracklist
01. 1-2D-20'2 
02. Bang'n On King Dr. 
03. Your Choice 
04. Freezaburn 
05. Heat From Us 
06. Kemosabe 
07. Finish Line D'jayz 
08. Daddy's Home 
09. Let's Dance Again 
10. Sleepy 
11. I'm Laughing 
12. Beat Me 
13. Suicide 
14. B'Ware 
15. Beast Of All Beast *Bonus Track
16. Last Night  *Bonus Track

Update: 15 May 2015

More Releases by

Traxman - Da Mind Of Traxman JP

21 Apr 2014

Traxman
Da Mind Of Traxman JP

µ-Ziq - Chewed Corners JP

23 Apr 2014

µ-Ziq
Chewed Corners JP

ITAL - Dream On JP

22 Apr 2014

ITAL
Dream On JP

Jlin - Dark Energy JP

21 Feb 2015

Jlin
Dark Energy JP

RP Boo - Legacy JP

23 Apr 2014

RP Boo
Legacy JP